乃木坂46 22thシングルtype-A個人PV感想①

こんにちはnolugh(@nolugh_me)です。

11月14日に 乃木坂46 の22thシングル「帰り道は遠回りしたくなる」がリリースされました。

西野七瀬、若月佑美の卒業シングルですね。

今回はtype-Aのシングルのみ買いました。

なぜtype-Aなのかは白石麻衣の個人PVが収録されているからという単純な理由で。。。

乃木坂のCDは握手会に行くわけではないので全種類は基本的には買わないんです。

とはいえせっかく買ったのでtype-Aに収録されている個人PVの感想を書いていこうかと思います。

 

名前順に収録されているので今回は前半の3人

生田絵梨花、井上小百合、衛藤美彩の感想を書いていきます。

 

 

生田絵梨花

 

 

生田絵梨花をモブキャラにするとどうなるかという実験的な作品です。

結論から言うと浮きます

 

PV中での圧倒的存在感。なんといっても美人過ぎる。。。

モブキャラなのに主役感がすごい!(主役なんだけどね)

やっぱり天才だなーと見ながら思ってました。

どうやったっていくちゃんは主人公なんだな。

さすがです。生田さん。。。

 

 

井上小百合

 

個人的にtype-A最大の問題作!

予告だけ見ると週末に彼氏の家に来てくれて家事をしてくれる可愛い彼女。

but本編は狂気を感じます。

 

最初は徐々に一人暮らしの彼の家を侵食していつのまにか半同棲みたいな感じかな。

と思いながらみていたのですが。。。

動画が進んでいくと

  • ゴミ箱をあさる。(そこから出てくる絵がヤバイ)
  • 監視カメラがある。
  • 彼のベットの下に隠れて一緒に寝る。

といった問題行動が続々と出てきます。

正直彼が家に帰ってきたときは恐怖しか感じないと思った。

全体的にサイコパス的怖さが半端ない。

あくまで個人PVの役のなかの設定であることを願うばかりです。。。

 

 

衛藤美彩

 

めちゃくちゃほっこりする作品。

この作品めちゃくちゃかわいいです。

 

衛藤美彩はみさ先輩の呼び方からしてもお姉さんキャラのイメージが強いですよね。

この作品ではその裏側が見れる感じでした。

仕事ができるサバサバ系の憧れの女の上司が家ではコーヒーカップに話しかけてる、、、

みたいなイメージで見てました。(設定は大学生っぽいけど)

ギャップ萌えってやつですね。

そして最後の優しさにやられます。

さすがみさ先輩。後輩思いなんだろうなと思わされました。

 

今回から特典映像がブルーレイに

やっぱりブルーレイはきれいです。

CDの値段は少し上がったけど満足度は高いんじゃないかと。

ましてや乃木坂の顔面偏差値の高さは周知の通りですし相乗効果がとんでもない。

美しいものがさらに美しくなる。最強ですね。

今後もブルーレイは継続してほしい。

そして欅坂の特典もブルーレイにしてくれるととても喜びます。

【Amazon.co.jp限定】帰り道は遠回りしたくなる(TYPE-A)(Blu-ray Disc付)(ポストカード(集合アー写)付)
by カエレバ